薬剤師の転職に気になる点を調べてみました。

薬剤師の転職について
薬剤師の方の転職は、薬剤師専門の転職サイトに登録して、連絡を待っているという人もいますが、薬剤師の転職では、もうすこし条件を絞って転職先を探すと、希望以上の条件の転職先を見つけることができる可能性もあります。
薬剤師の転職を考えている人で、転職サイトに登録をすると思います。実際に、既に転職サイトへ登録をしたという人もいるかも思います。
この転職サイトですが、登録するサイトによって、転職先の企業や薬局、病院に違いがあります。当然かもしれませんが、転職サイトは大手の人材紹介サイトほど、求人が登録されています。
小規模の転職サイトに登録することがダメとはいいませんが、大手のサイトと小規模のサイト、複数に登録しておくことをおすすめします。
また、登録サイトを選ぶときは、希望とする地域や雇用条件など、詳細を詳しく掲載しているサイトを選ぶようにしましょう。
薬剤師の転職サイトに限った話ではないのですが、求人情報が不透明な企業などもあります。こうした企業はなんらかの事情があったりするので、注意が必要です。
大手のサイトだと、求人を出す企業側の審査も厳しくなっていたりするので、そうした面を見ても、大手の転職サイトに登録しておくことをおすすめします。
転職先の平均年収が気になる
薬剤師の転職でも、やっぱりもらう給料の額が気になると思います。転職サイトを調べてみると、薬剤師の年収はだいたい400万円から600万円といったところです。
この年収で注目したいのは、地方と都心部で年収の差があまりないこと、むしろ、地方の方が年収が高い場合などがあります。
ここ最近の薬剤師の求人情報の傾向として、地方や僻地での薬剤師の求人募集が増えている傾向にあります。その理由として、地方から大阪や愛知、東京へ人材が流れいってしまっていることから、地方の薬剤師が不足しているのが理由のようです。
薬剤師を求める地方の求人には、住む場所や交通手段、ボーナスなど、高待遇で薬剤師を求めているところもあったりと、地方という条件を除けば、かなり高待遇の求人情報ばかりです。
しかし、大阪や愛知、東京といった都心部でも薬剤師の不足が話題に挙がるように、ドラックストアなどの店舗がここ数年に増加していることから、都心でも薬剤師を求めているところが増えています。
条件だけを見れば、どの転職先が最も高待遇なのかはひと目でわかりますが、自分のライフスタイルやその職場で継続して勤務することができるかなどの要素を考えて、薬剤師の求人情報を見ることも大切です。
薬剤師に求められる素養
薬剤師になるためには、薬学部がある大学へ進学し、薬剤師の養成課程を6年間習熟した人が、薬剤師の国家試験を受け、この国家試験に合格した人が、薬剤師として、調剤薬局や病院、製薬会社へ就職し勤務することになります。
国家資格さえとれば、薬剤師として仕事をすることは出来ます。ただし、どの企業や薬局でも、薬剤師の資格を持っていることは当たり前で、就職には、薬剤師としてよりも、その人の人間性も重要となります。
薬剤師の仕事は身体に影響を及ぼす薬を扱うため、その薬の効能、副作用について薬を使う患者さんに説明をしなくてはなりません。
ちゃんと薬に関しての説明ができるだけのコミュニケーション能力が無いと、薬剤師の業務を行うことはできないでしょう。
コミュニケーション能力は就職してからでもある程度練習すれば身につけることができると思いますが、転職時には、最初から患者さんと会話をする必要があったりもします。
薬剤師の仕事では、調剤だけしておけばいいということはないため、採用担当者も、薬剤師のそうした素養について詳しく知ろうとして質問をしてくることもあります。
就職活動をする際には、自分のコミュニケーション能力はどうか、一度考えてもて、トレーニングをしておくのもいいかもしれません。