薬剤師の仕事とは

多忙な薬剤師の仕事とは?
薬剤師という職業は、その名の通り、薬のプロだという事は一目瞭然です。病院内での薬の調合や服薬説明、そして近年では病院近くに門前薬局として薬を処方してもらう薬局を患者様自身が自由に選択できるようにもなりました。
薬剤師とは、医師の指示のもと、ただ単に薬を調合して患者様に渡すだけではありません。調合以外にも裏方の仕事や患者様から見えない仕事を山ほど抱えています。
患者様が診察を終えると同時に薬剤師は早速仕事に取り掛かります。処方箋の内容を確認し、投薬ミスがないかのチェックをします。投薬量が多すぎたり、少なすぎたり、飲み合わせがないかなど、瞬時に判断する必要があります。
そして、何百という薬の中から、指定された薬を探し出し、数に間違いがないように調合します。
その後は患者様の到着を待ちますが、それまでにもどんどん他の患者様の処方箋は届きますので、お待たせしないように手早くこなします。
薬を準備した患者様から処方箋の原本を頂き、調合したお薬と間違いがないか、そして今回どういった症状での受診なのかとお話を伺ったりする必要があります。患者様が納得いただけた時点で初めて会計を済ませて終了になります。
薬剤師は絶対に間違いがあってはなりません。忙しい中でも集中力を切らさず、丁寧な仕事が必要となります。